食糧生産は人類の生存基盤、
育種学はその生存基盤を支えます。

Research 研究概要

私たちの研究室ではイネやコムギ、ダイズといった世界の主要穀物における重要な農業形質の遺伝的制御メカニズムを解明し、新たな品種育成に貢献していきます。

We are trying to reveal the genetic regulation mechanism for important agronomic traits of rice, wheat, and soybean, aiming for contribution to novel plant breeding.

Update 更新履歴

2021/05/18
研究業績、メンバーを更新しました。 ( 2021/05/18)
2020/06/30
研究室Webサイトをリニューアルしました。 ( 2020/06/30)

京都大学大学院農学研究科 育種学研究室
Laboratory of Plant Breeding,
Graduate School of Agriculture,
Kyoto University


〒606-8502
京都市左京区北白川追分町
Oiwake-cho, Kitashirakawa, Sakyo-ku, Kyoto
606-8502 JAPAN

TEL 075-753-6045 / FAX 075-753-6047

京都大学
京都大学農学部
日本育種学会